Logo Abbaye de Fontenay en japonais  Site du Patrimoine Mondial de l'Unesco Page d'accueil

tetiere jp mobile

24の年代にわたるフォントネーの歴史

メニューにもどる

1098年

シトー大修道院の創立

1118年

モンバール(ブルゴーニュ)から数キロの所にある湿地小谷でのサン・ベルナールによる大修道院の創立。

1130年

修道士たちは、二つの谷間の交差点にフォントネーの最終地点を選ぶ。

1139年

ノリッジの司教、エブラードがイギリスで受けていた迫害から逃れるためにフォントネーに来て住む。彼の財産が教会の建立資金の一部となる。

1147年

教皇ウージェーヌIII世による教会の聖別。

1259年

聖ルイによりフォントネーはすべての国税を免除される。

1269年

フォントネーは王立大修道院となる。

1359年

イギリス王、エドワードIII世の軍隊によるフォントネー略奪。

1547年

教会禄の在俗者管理制度設立:各大修道院の院長は修道士によってではなく国王によって任命される。

1745年

食堂の解体。

1789年

フランス大革命。

1790年

最後の8人の修道士が修道院を去る。

1791年

革命派によってフォントネーは売られる。大修道院は最初の買手、ユーゴ氏によって製紙工場に変えられる。

1820年

フォントネーは、気球の発明家の子孫で工場を発展させたエリー・ド・モンゴルフィエによって買われる。

1838年

吊り橋の発明家の科学者マルク・セガンがフォントネーに住み、研究する。

1852年

フォントネー大修道院は歴史的記念建造物に指定される。

1903年

モンゴルフィエ家による製紙業の拡張。

1906年

リヨンの銀行家でモンゴルフィエの娘婿、エドゥアール・エナードがフォントネーを購入する。彼は製紙業用の建物すべてを解体し、フォントネーを中世の純粋な姿に蘇生させることを決意し、1911年まで再建の大工事をすすめる。

1960年

ピエールとユベール・エナードによる共同寝室の再建。

1981年

フォントネー大修道院はユネスコによって世界遺産に指定される。

1989年

大修道院見学者が100 000人を超える。

1995年

教会の後陣の礼拝堂修復。

1997年

フォントネー創設850周年記念日。

1998年

シトー創設900年祭

2018年

フォントネー創設900年祭。

Copyright ©2014-2019 | フォントネイ修道院 すべての権利予約 | ウェブサイトの作成 : inPhobulle